061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

大阪旅行1日目その2

グリコのランナー1
道頓堀で有名なグリコの看板です。
戎橋からグリコの看板を見てもいいのですが、正面から見たかったので、川沿いのとんぼりリバーウォークに行きました。
ここからだと、正面から看板を見られるし、すいているから、ゆっくり記念写真が撮れます。

グリコのランナー2
お約束のグリコのランナーポーズで写真を撮りました。

くくる
道頓堀に来たので、たこ家道頓堀 くくる本店に行きました。
テイクアウトと店内で行列が2つに分かれていて、店内の方に並んでみました。
本店限定のびっくりたこ焼きが食べたかったのです。

店内で食べると鉄板にたこ焼きがのってくるから、こっちの方がいいかな?と思ったのです。
作っているところの横に並ぶから、暑くて汗がダラダラでした。
結局30分並んで座ることができました。

びっくりたこ焼き
びっくりたこ焼きは、たこが大きくてたこ焼きからはみ出しているんですよ。
たこ焼きの中がとろりとしているし、たこが大きくてプリっとしているから、おいしかった。
あっという間に食べ終わっちゃいましたよ。

安倍晴明神社
次は、安倍晴明神社に行きました。
陰陽師の映画を観て、安倍晴明のことを知っいたのですが、ガイドブックに安倍晴明神社が載っていて気になったので行ってみました。

陰陽師の安倍晴明が生まれた場所といわれている阿倍野にあります。
晴明公が産まれた時に使用した産湯の井戸が再現されていたり、母といわれいる白狐の葛乃葉の像もありました。

方位除け御守
方位除け御守を買いました。

会津屋
次は、たこ焼き発祥のお店の会津屋に行きました。
地図で見たら安倍晴明神社から会津屋の本店まで近く見えたので、歩いて行ったら実は遠くて30分も歩きましたよ。
住宅街を歩いているから、余計に遠く感じました。

たこ焼き
スジ肉やこんにゃくなどを入れたラヂオ焼きをヒントにして、たこ焼きが生まれました。
会津屋のたこ焼きは、生地に味がついているので、ソースなしでそのまま食べられます。

息子は歩いて疲れたから、最初はたこ焼きを食べないと言っていたけど、1つ食べたら、おいしさがわかり、もりもり食べてました。
生地にだしの味がしっかりついているから、他のたこ焼きと違って、何個でも食べられます。
1口サイズだから食べやすい。

桃谷いかやき屋
次は、いか焼き発祥の店の桃谷いかやき屋にいきました。
商店街の中にある小さなお店で、注文するとその場で焼いてくれます。

いか焼き
阪神百貨店のいか焼きより大きくて、生地がもちもちしていて、大きなイカが入っていました。
イカがプリプリですごくおいしかった。

鶴橋商店街の顔ハメ看板
いか焼き屋さんから鶴橋駅に戻ってきたので、鶴橋商店街を少しだけ見ました。
コリアタウンだから、キムチのお店がたくさんありました。
ここにも顔ハメ看板があったので、写真を撮りました。

自由軒
次は、名物カレーで有名な自由軒に行きました。

名物カレー
名物カレーは、ごはんとカレールウが混ぜてあって、真ん中に生玉子がのっています。
これを混ぜて食べるのですが、生玉子が入っているのでマイルドになります。
まだ辛い人はソースを入れると、辛さがやわらぐので、息子用はソースを入れました。
スパイシーですが、生玉子が入っているから、辛さが押さえられていておいしい。
あっという間に食べてしまいました。

織田作之助の写真
最後にお店の人にお願いをして、織田作之助の写真を撮らせてもらいました。
織田作之助は、お店の常連さんで、小説の夫婦善哉の中に名物カレーと登場させたぐらいだったのです。

アンドリューのエッグタルト
ホテルに戻る前に、夜食用にアンドリューのエッグタルトを道頓堀本店で買いました。


ヒルトン大阪
ホテルは、ヒルトン大阪にしました。
ホテルからは梅田の夜景が見られてきれいでした。

エッグタルト
息子は、お風呂に入ってすぐに寝てしまったので、2人でエッグタルトを食べました。
やっぱり、ここのエッグタルトはおいしい♪

この日は食べてばかりの1日でした。大阪らしく、くいだおれましたよ。


スポンサーサイト
【 2012/08/11 】 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL