091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

息子の下の前歯が1本抜けました!
抜けたのは11月3日ですが、2週間前からぐらぐらしはじめたのです。
夕方、りんごを食べたら「歯が痛い!」と言いだし、見てみると下の前歯がぐらぐらしていたのです。

「これから大人の歯が生えてくるから歯が抜けるんだよ。」と説明をしたら、誇らしげな表情でしたよ。
幼稚園では半分以上の子達がすでに歯が抜けているから、やっとみんなの仲間入りをしました。
大人の歯はまだ顔を出してないから、もう少ししたら生えてくるかな?

抜けた歯をどうしたかというと、日本の風習ではなく、ヨーロッパの風習でやってみました。
抜けた歯を枕の下に入れて寝ると、寝ている間に妖精が来て、歯を持って行ってしまいます。
そのかわりに枕の下には金貨が置いてあるという風習です。

日本では歯が抜けたら、上の歯は縁の下へ投げて、下の歯は屋根に投げるという風習があります。
私は、この風習でやったから、実家の縁の下には私の歯が入っています。屋根に乗った歯はどこへいったのだろう?

息子にヨーロッパの風習を教えたら、寝る前にティッシュでくるんだ歯を枕の下に入れて寝ました。
翌日、起きたらすぐに枕の下を確認して、お金があるのを見て大喜び。
金貨はないので金色が入っている2ユーロにしたら、「オランダで生まれたから、オランダのお金なんだね」と言ってました。

でも、その後に「歯をくるんでいたティッシュがなくなってる!妖精はティッシュも持っていたのかな?」と
不思議そうでした。変なところを気にしないでおくれ~


スポンサーサイト
【 2011/11/12 】 子育て | TB(0) | CM(2)
No title
とってもおしゃれな風習ですね~♪
妖精さんがお話に出てくるところが素敵!
日本で妖精っていうと…妖怪になっちゃう?(^^;)
お子さんの成長、ますます楽しみですね♪(*^_^*)
【 2011/11/13 】 編集
No title
☆MIZU♪さんへ☆
国によっていろんな風習があるから面白いですよね。
日本の風習も良いけど、歯を取っておこうかと思ったので、ヨーロッパの風習にしてみました。
乳歯が抜けて大人の歯が生えてくるまで成長したなんて早い~
【 2011/11/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL