091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

桔梗屋

GW前半は旦那様の実家に行ってきました。っと言っても埼玉なんですけどね。
実家近くでお買い物や食事をしたりと、のんびりしてきましたが、1日にはおでかけもしてきました。

工場見学できるところっということで、山梨にある桔梗屋に行ってきました。
信玄餅で有名だから私も楽しみだったのです。
山道を通ったから、新緑が見られて癒されました。やっぱり山の中を走るのっていいな~

桔梗屋
12時前に桔梗屋に到着しました。

お菓子の美術館
お菓子の美術館に行って工場見学の時間を聞いたら、12:35からだったので、それまでお買い物です♪

グリーンアウトレット1/2では、お菓子の詰め放題ができるのですが、12時頃だったので、すでに整理券の配布は終了していて詰め放題はできませんでした。朝早くから来ないとダメなのね(涙)

社員特価販売1/2の方に行ってみると、賞味期限が迫っているものや袋が変形したものなど、アウトレット商品が売られていました。
桔梗屋といえば信玄餅なので、信玄餅はもちろん買いましたよ。
信玄餅吟造りという素材にこだわった特別の信玄餅があったので、これも買いましたよ。
食べたいものをいろいろ買えたから満足♪

信玄餅
その後はお菓子の美術館の中を見ました。桔梗屋の歴史や使用していた道具やお菓子でできた木や花などが展示してありました。
他には信玄餅の包装体験もあったけど、時間がないのでやめておきました。

時間になると案内の人が来て、工場内に案内してくれました。工場内は撮影禁止だったので写真がありません。まずは焼き菓子コーナーのところを見学しました。
きんつばを作っているところが見られたのですが、こちらは1つずつ手作業で作られていました。

次は信玄餅コーナーです。
こちらは、機械で信玄餅が作られているところが見られます。
お餅が3つにカットされて出てきて、信玄餅の白いパックに入ります。
その後は、お餅の上にどっさりときなこが入り、透明のふたがのり、その上に黒蜜のボトルがのります。

そして、包装用のビニールの上に信玄餅のパックがのって、次々とベルトコンベアで運ばれていきます。
ここまでは機械がやっているのですが、信玄餅を包むのは、なんと手作業なんですよ。
ベルトコンベアの横に人が座っていて、次々と包んでいくのです。
1つ包むのに5秒もかからないぐらいの速さでびっくり!これぞ職人って感じでした。
次は、包まれた信玄餅を箱や袋に入れて完成です。

他には、黒蜜をボトルに入れているところ、お餅を作っているところ、信玄桃を作っているところを見ました。
工場内ではできたての信玄桃が売っていたので食べてみると、あつあつでとってもおいしかった。
やっぱりできたてはおいしい~

工場だから機械で作っている部分が多いと思っていたけど、手作業のところが多くてびっくりしました。
信玄餅を包む作業が手作業だったのには本当に驚きました。

いろり
工場見学が終わったら1時過ぎだったので、昼食を食べることにしました。
山梨といえば、ほうとうなので、ほうとうのお店を探していたら、いろりというお店を見つけました。

ほうとう定食
ほうとう定食を注文しました。味噌仕立ての汁は、かぼちゃが入っているから、とろみと甘みがありました。
麺もこしがあってとってもおいしかった。山梨名物のほうとうが食べられて満足♪

甲冑&武田狼煙台
お店の中は、古美術品がたくさん展示してあって、甲冑も展示してありました。
お店の外には、武田軍が使用した武田狼煙台を復元したものまであるから、ほうとうを食べ終わった後も楽しめるお店でした。

帰りも山道を通るから、気分が悪くならないように、道の駅に寄ったり、休憩したりして帰ってきました。


桔梗屋で買ってきたもの。

桔梗屋で買ったもの
信玄餅、信玄餅吟造り、信玄桃、ブッセの皮です。

信玄餅吟造り
信玄餅吟造りはアカシアのはちみつを使った蜜、丹波黒大豆を使ったきな粉を使っているだけあっておいしい。もっと買ってくればよかったな~

信玄餅はやっぱりおいしい。信玄餅を食べていて、いつも思うのですが、1パックにお餅3個じゃ足りませ~ん。もっとたくさん食べたいから、お餅が10個ぐらい入った大きなパックがあればいいのに。

GW前半はこんな感じでした。


スポンサーサイト
【 2011/05/04 】 おでかけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL