0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都4日目その1

お雑煮
この日が京都最終日なので、早めに起きて7時から朝食を食べました。
この日もお雑煮が付いてきたのですが、前日と違って澄まし汁仕立てのお雑煮でした。
くわいが入っていたのですが、とても苦くてびっくり。アクを抜いてないのかな?

上賀茂神社
4番のバスに乗って上賀茂神社前のバス停で降りて、上賀茂神社に行きました。
雪が溶けて、道がドロドロなので歩くのが大変です。ブーツが泥だらけになりましたよ(涙)

歩いていたら、神馬のしんめちゃんの小屋があったので、のぞいてみたけど、この日はしんめちゃんがいませんでした。お祭りの日と日曜日にいると言われていたけど、2日はいませんでした。

砂の山が2つあるのは立砂です。鬼門にまく清めの砂の起源とされていて、近くに清めの砂が売っていました。航空安全のお守りがあったので買っておきました。

次は、46番のバスに乗って下岸町のバス停で降りました。
近くに洋服屋さんの音があるので行ってみたのですが、お休みでした。子供服がかわいいので買いたかったのに残念。
そのままバスには乗らずに、歩いて今宮神社に行きました。

かざりや&一文字屋和助
今宮神社に来たのは、あぶり餅を食べるのが目的です(笑)
参道に一文字屋和助とかざりやの2つのお店が並んでいます。
一文字和助は長保2年(1000年)創業、かざりやは江戸時代創業で、一文字和助の方が歴史があります。

あぶり餅を焼いているところ
今回は、かざりやの方に入りました。お店の前であぶり餅を焼いていました。
小さなお餅を串にさして、きなこをまぶして焼きます。
焼きあがったお餅に白味噌、砂糖などで作ったタレをかけてできあがりです。

かざりやのあぶり餅
旅館のような佇まいの部屋に通されて、待つこと15分。運ばれてきたあぶり餅は、1人前15本です。
たくさんあるけど、1人でぺロリっと食べられちゃいます。
タレがあっさりしているから、とってもおいしい~2人前ぐらい食べられそうでした。

一文字屋和助のあぶり餅
次は、向かいにある一文字和助に行きました。一文字和助もお店の前であぶり餅を焼いていました。
ここでは、3人前のお土産を買いました。見た目は、かざりやと同じだけど、味が違いました。
こちらの方が白味噌と砂糖の味が濃かったです。私は、あっさりのかざりやの方が好きでした。

長くなったので次へ。


【送料無料】京都本

【送料無料】京都本
価格:680円(税込、送料別)

スポンサーサイト
【 2011/02/05 】 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。