091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

アンダルシア旅行5日目その3

旦那様は具合が悪くてホテルに帰ってしまったので、私と息子だけでコルドバの街を散策しました。

サン・ラファエルの勝利塔&免罪の門
メスキータを出てすぐのところには、サン・ラファエルの勝利塔があったので写真を撮ったり、免罪の門の写真を撮ったりしました。

免罪の門のところでは、おばちゃんたちが立ち話をしていて、動きそうにもないので、おばちゃんたち入りの写真です(笑)
どの国でもおばちゃんたちは立ち話が好きなんですね。

その後、歩いていたら、おじいさんが話しかけてきて「アルカサル%*@$#」とスペイン語で話してきて、何を言っているのかわからなかったから、スペイン語がわからないっと言うと、英語で「今日はアルカサルは無料で入れるから行っておいで。とってもきれいだよ」っと教えてくれました。
無料なら言っておかなくっちゃっと思って、後で行くことにしました。

メスキータから少し歩くとユダヤ人街になっていて、細い道沿いにバル、雑貨屋さん、お土産屋さんなどが並んでいます。
お店を見ながら歩くのが楽しくて、適当に歩いていたら迷子になりそうでした。
地図を見ながら、花の小路を探したら…ありました♪

花の小路
コルドバっといれば、メスキータと花の小路なので、見てみたかったのです。
冬だから花は少ししか咲いていなかったけど、白壁に植木鉢が飾ってあるのがとってもかわいい。
しかも、観光客も誰もいなくて独占状態だから、写真を撮りまくりました(笑)
メスキータのアルミナールの塔が見える角度で写真が撮れて満足。

メリヤンの看板
花の小路のところには何ヶ国語かで書かれたタイルの看板があって、日本語もありました。

「コルドバの皮の専門店」のメリヤンの看板でした。微妙に漢字が間違っているんですけどね(笑)

おじいさんから今日はアルカサルが無料だと教えてもらったから、アルカサルに向かって歩いていたのだけど、地図を見ずにユダヤ人街を適当に歩いていたら、まったく違うところに辿り着きました(汗)

城壁
門があったので出てみると、城壁が続いていました。
後で調べたら、その門はアルモドバル門でユダヤ人街への入口になっていることがわかりました。
城壁沿いにはお堀のようなものと石畳の道があり、なかなか素敵です。

ここに来たら、息子がバギーから降りたがるので降ろしたら、ずっと走りっぱなし。
じっとしてないから、写真を撮るのも大変でした。階段の上り下りに付き合わされるし…
30分ぐらい遊んだ後は、息子をバギーに乗せて、アルカサルに行きました。

アルカサルに行ってみると、本当に無料で入ることができました。おじいさんに教えてもらってよかった。
このアルカサルは、コロンブスがカトリック両王と謁見した場所です。

アルカサルの庭園
アルカサルの中に入ったら、また息子がバギーから降りたいっというので降ろして見学しました。
庭園に行ってみると、息子は水の中にいた魚を見つけて「さかな、いたね」っと大興奮。

魚に釘付けで、その場を離れないので、その間に写真を撮りました。
「こっちにも魚がいるよ」っと誘って、階段を下りてみたけど、結局他の場所にいる魚を見つけてずっと見ていました。

モザイク&アルカサル
30分ぐらい庭園にいて、その後建物の中に入ったけど、息子が走り回ろうとするので、ゆっくり見られず。
モザイクを少しみただけで終わってしまいました。

その後は、アルカサルを出たところにある広場で息子を遊ばせてからホテルに一度戻りました。
少し休憩してから、スーパーに行って旦那様用の水などを買ってから、私と息子はバルに夕食を食べに行きました。

私と息子だけでバルに行くのは初めてなので、ちょっとドキドキです。
ホテルからすぐのところにユダヤ人街があるので、バルを何店か見て、よさそうなバルを見つけて中に入りました。

Taberna Rafaeで食べたもの
Taberna Rafae
住所:Calle Deanes s/n Cordoba
TEL:957-294866

息子がいるけど大丈夫か聞いてみたらOKだったので中に入りました。
ハイチェアはないから普通のいすに息子を座らせて、一緒に食べました。
でも、途中から飽きてきちゃったから、おとなしくさせる用に持ってきたPSPで飛行機や電車の映像を見せるとおとなしくなってくれたからよかった。

PSPで映像を見られるのが不思議だったようで、店員のおじさんたちも一緒に見てました(笑)
おじさんの中に1人だけ英語を話せる人がいて、「これはどこで買った?新しいのか?ゲームの機械なのになんで映像が見られるのか?」と質問攻め。
最後には「やっぱり日本製はすごい」っと言ってました。

サルモレホ、なすのフリット、トルティーヤ、コロッケを注文しました。
サルモレホは、コルドバ名物のガスパチョに似ているパンでとろみがついたスープです。
このサルモレホはそのまま飲んでもおいしいけど、パンにつけて食べるとおいしい。
あっという間に食べちゃいました。

このバルは食べ終わりそうになると、できたてのお皿を運んできてくれるから、あつあつのものが食べられるけど、子連れだとぱぱっと食べ終わりたいのよね。
途中で息子が騒ぎ出したので、コロッケが来る前にお勘定をして、残っていたものをテイクアウェイにしてももらいました。

レシートを見ると、食べたものだけ請求されていて、コロッケのお金は入ってませんでした。
この心遣いがうれしいな~
途中からはおじさんたちが息子の相手をしてくれるし、子連れでも安心なお店でした。

ホテルに帰って、くつろいでから早めに寝ました。
スポンサーサイト
【 2009/01/08 】 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL