091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

湖水地方1日目その2

ウィンダミア湖
ビアトリクス・ポターの世界の後は、ウィンダミア湖のボウネス桟橋まで歩いて行きました。
ウィンダミア湖周辺には紅葉している木があったり、白鳥がいたりと素敵な景色が広がっています。
ボウネス桟橋からは、クルーズ船が出ていたり、手漕ぎボートを貸し出していたりと、湖の上から景色を見ることもできます。

クルーズ船に乗ろうかと思ったけど、ボウネス桟橋に戻ってくるのに時間がかかりそうだったので、今回は乗るのをやめました。
時間があったら乗ってみたかったな~

次は、ホークスヘッドに行ってみました。
ここの駐車場も有料で小銭が必要です。

ホークスヘッド・グラマー・スクール
まずはホークスヘッド・グラマー・スクールを外から見ました。
ここは1779~1787年までワーズワースが通った学校です。
もっと大きな建物かと思ったら、けっこう小さな学校でした。
入口の上には日時計があって、正確な時間を示してました。すごい~

ビアトリクス・ポター・ギャラリー
次は、ビアトリクス・ポター・ギャラリーに行ったら、ドアが閉まっていて、おかしいな?っと思ってナショナルトラストのショップの人に聞いたら、なんと金曜日はお休みでした(涙)

事前に金曜日はお休みと調べていたのに、すっかり忘れてました。
せっかくホークスヘッドに来たのに~失敗しました。

教会&教会からの眺め
でも、せっかくなので、高台にある教会からホークスヘッドの町を眺めてみました。
駐車場の近くにあった1本の木だけ紅葉していて、とってもきれい
他の木もこれぐらい紅葉してくれたらきれいなのにな~

教会のところにベンチがあって、そこで読書をしている人がいました。
景色を眺めながら読書をするのも素敵だな~っと思ったけど、よく見たら、その人のまわりはお墓だらけなのです。
墓場で読書ですよ。日本だったらありえないのだけど、ここだどまったく違和感がないのが不思議~

ユー・ツリー・ファーム
次は、コニストンにあるユー・ツリー・ファームに行きました。
このユー・ツリー・ファームは、ビアトリクス・ポターが所有していたファームで、映画「ミス・ポター」では、ヒル・トップとして使われていました。
映画のために、壁の色を塗り替えたり、畑を作ったりしましたが、現在は、元に戻されています。

映画の中ではヒル・トップとして使われたからなのか、入口にはヒル・トップと書かれた石板が立てかけてありました。
映画に出てきたところにいると思うと、うれしくなっちゃっていっぱい写真を撮りました。

ここは、B&B、ティールームの他に牛や羊のお肉の販売もしています。
私達はティールームを利用しました。
中に入って、右側の部屋にレジがあって、そこで注文します。
ちょうど15時でおやつの時間(笑)なので、フルーツスコーンと紅茶を注文しました。

ユー・ツリー・ファームのティールーム
レジがある部屋は暖炉があって素敵だったけど、隣の広い部屋に行きました。
この部屋にはビアトリクス・ポターが所有していた家具や食器があるから、近くで見てみたかったのです。
食器棚には、紋章なのかな?同じマークがついたお皿が飾ってありました。
他には、手紙が飾られていたり、小さな飾り棚には、食器やグラスが飾ってありました。
ビアトリクス・ポターのものがこんなに近くで見られるのはうれしい。

フルーツスコーンと紅茶が運ばれてきて、スコーンを見たら、その大きさにびっくり。
普通のスコーンの2倍以上あります。
ダムソンジャムとホイップクリーム付きにしたら、「ジャムにストーンが入っているから注意して」っと言われました。
ストーンって石?っと思ったら、梅の種のことでした。ジャムに石なんて入っているわけないですよね(笑)

スコーンにダムソンジャムと生クリームを塗って食べたけど、なかなかおいしい。
ダムソンジャムは初めて食べたけど、酸っぱくなくてほどよい甘みがあっておいしい。
大きなスコーンを食べたから、お腹がいっぱいになっちゃった。
食べ終わった後は、息子は芝生の上を走り回ったり、置いてあった遊具で遊びご機嫌です。

フットパスからナショナルトラストウォーキングツアーの人が続々と来ました。
皆さん楽しそうにしていたから、私達もちょこっと歩いてみようと思い、皆さんが歩いていたフットパスに行ってみたら、急な坂道でどんどん山の中に入って行ってしまうので、途中で引き返しました
トレッキングシューズを履いてないし、息子もいるので、私達には無理~
そのまま車に戻って、ホテルに向かいました。

長くなったので次へ
スポンサーサイト
【 2008/10/02 】 旅行 | TB(0) | CM(2)
No title
こんにちは!
旅行に行かれてたのですね、いいな~。

1日目は本当にかわいらしい写真がたくさんですね。
こちらまで、何だか笑顔になれそうな気分です。

今回は素敵な風景ばかりですね。
でも、墓場で読書はびっくりです(笑)
日本のお墓とは雰囲気も違うでしょうから、これはこれでアリなのかも。。。

ところで、ダムソンとは梅のことなのですか??(無知ですいません)
種がそのまま入っているというのも、外国らしいですよね。
【 2008/10/02 】 編集
No title
☆yukimiさんへ☆
yukimiさん、お久しぶりです♪
1日目は、絵本の世界が人形で再現されているから、メルヘンの世界にひたれてうっとりでした♪
その後は、きれいな景色を見て癒されて…とかなりリフレッシュできました☆

墓場で読書は、日本ではあまりやらないと思う(肝試しの時ぐらいかな?)けど、ここの教会では私もできそうでした。
素敵な景色があるから、墓場で読書もできちゃうんですよね。

ダムソンは、プラムのことで、日本だと梅と訳されるようです。
種が入ったジャムは、イギリスらしいですよね。日本だったらていねいに種を取ってから、ジャムを作るのにね☆
【 2008/10/03 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL