0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンフランシスコその2

兵舎

兵舎の中は、アルカトラズの説明映像が見られたり、年代ごとにパネルなどが展示されていて、アルカトラズの歴史がわかりました。

シャワー

セルハウスの中に入って、日本語のオーディオガイドを借りて見学しました。
シャワーの場所や着替えが置いてある場所がありました。壁がないから丸見えです。
凶悪犯が収容されているだけあって、刑務所生活は最初から過酷です。

独房1

独房がある場所に行きました。
実際に使われていた独房は、とても狭く、ベッド、トイレ、洗面台、棚があるだけです。
なんだか空気が重い気がします。

Dブロック

タイムズスクエアには、囚人の娯楽だった野球のバットやグローブなどが飾られていました。
素行の良い囚人のみ娯楽の時間がありました。
Dブロックに行くと、凶悪犯のパネルがありました。左端の写真は、ギャングのアル・カポネです。

矯正室

Dブロックには、矯正室と呼ばれる独房がありました。
悪いことをしたら矯正室に入れられ、ドアを閉められて真っ暗になります。恐ろしい。

図書館

図書館もありました。素行の良い囚人は本を読むことができました。

ガンギャラリー

ガンギャラリーから銃を持った看守が監視をしていました。
囚人が道具を使って鉄格子をこじ開けて、脱獄事件が起きました。
看守から銃と鍵を奪いましたが、外に出る鍵を見つけることができませんでした。

銃撃戦が2日間も続きやっと鎮圧されました。
銃撃戦の痕も残っていて、激しかったのがわかります。怖い。

独房2

素行の良い囚人は、絵を描けたり、楽器の演奏ができたり、編み物ができました。
凶悪犯が編み物をしている姿を想像すると…怖い。

看守部屋

面会ができるところを見たり、看守部屋などを見てから外に出て、灯台や刑務所長邸を見ました。

所長室

所長室には、アルカトラズ島の模型があったり、歴代の所長の写真が飾ってありました。

サンフランシスコの街

サンフランシスコの街がすぐ近くに見える場所にいた囚人は、どんな気持ちで見ていたのでしょう。
やっぱり脱獄したくなるようで、3人の囚人が脱獄事件を起こしました。

鉄格子を開ける

建物の中に戻ると、ちょうど鉄格子を開けるデモストレーションをしていました。
レバーの位置によって開く場所が変わります。

脱獄事件

脱獄事件を起こした3人の独房を見ることができました。
食堂から盗んだスプーンで通気口に穴を開けたり、寝ているように見える頭部を作ったりと計画的です。小さな穴から独房から抜け出して、建物の外に出て脱獄しました。

家に帰ってから映画「アルカトラズからの脱出」を観ましたが、ドリルを作ったり、通気口の穴がわからないようにかぶせものを作ったり、頭部を作ったりと、何日もかけて準備しているのがわかりました。
未だにその3人が見つかっていないので、脱獄が成功したのか不明ですが、その後どうなったのかわかる日が来てほしいです。

独房3

独房に入れるところがあったので、中を見てみました。
やっぱり独房には入りたくないですね。

ダイニングホール

ダイニングホールに行きました。
看守にとっては、とても恐ろしい場所でした。
フォークやナイフを使って食事をする囚人の近くを通る時は、襲われる可能性があるからです。
調理場には、なくなったかどうかわかるように、ナイフの絵が描かれています。怖い。

これで見学は終わりました。最後にお土産屋さんを見てから帰ったけど、刑務所グッズがたくさん売っていました。

模型

船に乗ってピア33に到着しました。
アルカトラズ島の模型があったので、実際に行った場所を見てみました。

シーライオン

ピア39を歩いてみました。
お店を見ながらシーライオンがいる場所までいきました。
たくさんのシーライオンがいてびっくり。
寝ている姿に癒されます。

ギラデリスクエア

ギラデリスクエアまで歩いて行きました。
歩いたら意外に遠くて、疲れたので芝生のところでコーヒーを飲みながら休憩しました。
ギラデリのチョコレートをいろいろ見てから、ケーブルカーに乗って駐車場まで行って帰りました。


ザ・ロック【Blu-ray】 [ ニコラス・ケイジ ]
価格:1500円(税込、送料無料)


スポンサーサイト
【 2016/07/03 】 アメリカおでかけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。