0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

ディズニーワールド旅行3日目その1

朝5時半に起きて朝食を食べてから6時半頃に出発しました。
ホテルから距離があるマジックキングダムに行くので、早めに出発して7時頃に着きました。

入口

この日は、エクストラ・マジックアワーの日なので、直営ホテルの人は通常より1時間早く入場できます。
8時にオープンするので、それまで入口で待っていると、7時半前に中に入れました。

鉄道前

ロープのところまで進むことができて、そこで待っていると、ウォルト・ディズニー・ワールド鉄道のところから歌が聞こえていて、ダンサーやキャラクターが鉄道から降りてきました。
並ぶ方を優先したので、斜めからしか見られなかったけど、キャラクターが見られたからよかった。

その後は、ロープを持った人ががゆっくりと動き始めたので、少しずつ中に入ることができました。
この方法だと、走る人がいなくて安全かも。
東京ディズニーランドは、走る人が多くて危ないのよね。

七人のこびとのマイントレイン

まずは、七人のこびとのマイントレインに行きました。
昨年できたアトラクションだから混むので、一番に乗りに行きました。
待ち時間がなかったので、少しだけ遊びましたが、待つ場所も楽しめるように工夫してありました。

ファミリー向けのジェットコースターで、途中にはハイホーの歌を歌う七人のこびとが鉱山で作業しているところが見られます。
家族で乗れるジェットコースターだから、小さい子がいても楽しめます。
息子は、もっとスピードが出る方がいいと言っていました。

プーさんの冒険

次は、近くにあるプーさんの冒険に行きました。
待ち時間が10分なので、すぐに乗れました。
待つ場所には、遊ぶものが置いてあるので飽きません。
東京ディズニーランドにあるプーさんのハニーハントと内容は少し違いました。
こちらはレールの上を走るタイプでした。

スティッチのグレート・エスケープ&バズ・ライトイヤー

スティッチのグレート・エスケープに行きました。
スティッチがセンターから逃げ出して、真っ暗な中をスティッチがいたずらするアトラクションです。いろんないたずらがあるので、驚かされます。

その後は、バズ・ライトイヤーのスペースレンジャー・スピンに行きました。
日本と違ってレーザーガンが乗り物に固定されてので、日本のに慣れていると撃ちにくいです。

トゥモローランド・スピードウェイ

トゥモローランド・スピードウェイに行きました。
日本より距離が長いので、長く運転できて息子は楽しんでました。

ケーシージュニア・スプラッシュ・ソーク・ステーション

ファンタジーランドにあるケーシージュニア・スプラッシュ・ソーク・ステーションの前を通ったので、そこで涼みました。
水遊びができるところだから、ずっといたらびしょ濡れになりそう。

バーンストーマー

バーンストーマーに行きました。
ミニコースターだから、小さな子も楽しめるジェットコースターです。

ホーンテッドマンション

次は、ホーンテッドマンションに行きました。
待つ場所には、楽しい仕掛けがあるから、待ち時間も楽しめます。
飛び出している本をしまうと、他の本が飛び出してくる場所があって、息子がはまり、ずっと遊んでました。

ホーンテッドマンションは、日本とだいたい同じ内容ですが、違う部分もあるからおもしろかった。

ジャングルクルーズ


ジャングルクルーズは、60分待ちだったけど、乗りたかったので待ちました。
日本では時計回りにボートが進むけれど、こちらは反時計回りにボートが進みました。
日本より動物がたくさん出てくる気がしました。

ビッグサンダー・マウンテン

ビッグサンダー・マウンテンに行きました。
日本よりスピードが出ているから楽しめました。

ロブスターロール&クラムチャウダー

12時を過ぎたので、コロンビアハーバー・ハウスで昼食を食べました。
ロブスターロールとクラムチャウダーを注文しました。
ロブスターロールは、ロブスターがたくさん入っていておいしかった。
クラムチャウダーは、息子がはまって、たくさん食べてました。

午前中は、8時前からずっとアトラクションに乗っていて休んでいなかったので、ここではゆっくりしました。

ドリーム・アローン・ウィズ・ミッキー

ゆっくり昼食を食べた後、シンデレラ城のところを通るとドリーム・アローン・ウィズ・ミッキーのショーが始まっていました。
最後の方を見ただけですが、キャラクターを見られてうれしくなりました。

長くなったので次へ。


スポンサーサイト
【 2015/07/01 】 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL