0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪旅行3日目その1

6時半に起きて、に前日に買っておいたパンを食べてから7時半頃に出発しました。
JR大阪駅に行ったら通勤ラッシュで少し混んでいたけど、西九条駅でJRゆめ咲線に乗換えしたら、空いてました。

スパイダーマン電車
ユニバーサルシティ駅で降りて歩いていたら、電車がスパイダーマンだったので、写真を撮っちゃいました。

ユニバーサル・シティウォーク
駅の外に出ると、ユニバーサル・シティウォークがありました。
アメリカらしいお店もあれば、大阪らしいお店もあって、歩くだけでも楽しい。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに8時半頃に到着しました。
9時オープンだったから、あと30分待つと思っていたのですが、この日は、8:45にオープンして中に入れました。

チケットは、事前にWebチケットストアで買って、家に届けてもらっていたので、当日はすぐに中にはいれました。チケットと一緒にユニバーサル・エクスプレス・パス・ブックレット4を買っておきました。
ユニバーサル・エクスプレス・パスは、待ち時間を短縮できるチケットで、ディズニーランドのファストパスみたいなものです。有料なのには驚きましたが…

デロリアン
まずは、バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドに行ってみました。
オープンしてすぐだったから並ばずにすぐに乗れました。
映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てきたデロリアンに乗って、過去や未来に行きます。
揺れるから大丈夫かな?と思っていたら、息子はすごく楽しんでました。
もう1回乗りたいっと言ったほどです。

スペース・ファンタジー・ザ・ライド
次は、スペース・ファンタジー・ザ・ライドに行きました。
入口前にあるロッカーに荷物を預けてから、並びます。並んだのは15分でした。
宇宙の中を走るジェットコースターで、スピードが速くて楽しい♪
息子も大喜びで乗ってましたよ。

ジュラシック・パーク・ザ・ライド
次は、ジュラシック・パーク・ザ・ライドに行きました。
入口を入ってすぐにロッカーがあるので、荷物を預けます。待ち時間は20分でした。
ジュラシック・パークの中をボートで巡るツアーなのですが、最後の落ちるところが急でスリルがあります。
一番前に乗ったから、びしょ濡れです。でも、暑いからすぐに乾いちゃいます。

ターミネーター2:3D
外は暑いから、涼しいところに行こうと思い、ターミネーター2:3Dに行きました。待ち時間は15分でした。
まずは、綾小路麗華さんの説明を聞きます。この麗華さんの話が、すごくおもしろくて、かなり笑えました。
その後の3Dもおもしろかったけど、麗華さんのインパクトがすごい。

ウォーターワールド
次は、ウォーターワールドに行きました。
前の方の席は、びしょ濡れエリアなので、私達は後ろの方の席にしました。
ショーが始まる前に、役者さんたちがお客さんを楽しませてくれるのですが、その時点で前の方の席の人はびしょ濡れでした。

ショーは、アクションあり、爆発ありと迫力があって楽しかった。
息子は、飛行機が出てくるシーンで喜んでましたよ。

アズーラ・ディ・カプリ
13時を過ぎてお腹が空いたので、アズーラ・ディ・カプリに行きました。
10分ぐらい並んで中に入れました。

石窯で焼いたピザが食べられるお店です。
ピザを作っているところが見られる席だったから、息子は作っているところをずっと見てました。
カプレーゼ、プロシュートルッコラを注文しました。
生地がパリッとしたピザでした。もちっとした生地のナポリピザが好きだから、ちょっと物足りないな~

ジョーズ
次は、ジョーズに行きました。まずは、ジョーズと一緒に写真を撮りました。
お約束のジョーズに食べられる写真を撮ってもらいました。

船に乗ってクルーズをするのですが、途中でジョーズが襲ってきます。
息子が座っている方に、ジョーズが口を開けて近づいてきたのです。
息子は怖すぎて私にしがみついてましたよ。
ジョーズには、もう乗らないと言ってましたよ。たしかに怖いよね。

長くなったので次へ。


【送料無料】大阪3版

【送料無料】大阪3版
価格:750円(税込、送料別)

スポンサーサイト
【 2012/08/18 】 旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。