0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国会議事堂見学ツアー

ビッグベン
もう1週間以上前のことですが、国会議事堂(ウエストミンスター宮殿)の内部が期間限定で見学ができるというのを知って行ってきました。
9月27日まで見学可能です。

普段ニュースを見ていると、よく国会が出てきますが、その国会を見ることができるのは貴重な体験です。

事前にサイトをチェックしたら、子供も入場OKだけど、たくさん歩くから幼児には向いていない。
だけど小さなバギーなら持ち込めると書いてあったので、とりあえず息子を連れて行っても大丈夫そうです。

まずはジュエルタワーの窓口でチケットを買いました。
12ポンドもするのは高いけど、国会議事堂の内部が見学できるのだからしょうがない。

12時からのツアーだったから、少し時間があるので近くの公園で息子を遊ばせ、10分前になったので入口に行ったら行列ができていました。

12時までに入れなそうだったけど、係りの人が「12時のツアーの方はこちらへ」っと言って案内してくれたので、12時前にに入ることできました。危なかった~

見学中は飲食禁止なので、並んでいる間に息子のパンを食べさせ、水を飲ませておきました。
中に入ると、1人ずつ写真を撮って、写真が付いたカードを首からさげておきます。
バギーに乗っている息子がいるので、旦那様と息子は別の入口から入ったので、写真なしのカードでした。

カードをもらったら、次はセキュリティーチェックをするのですが、もう少しで私だけ捕まるところでした
バッグの中身をX線検査装置でチェックしていたら、チェックしていたおねえさんががものすごく驚き、近くのおじさんに「こっ、これって…」っと言いながら画面を指差しているのです。

私のバッグをおじさんがチェックをすると…
おじさんがニヤリっと笑い「これだよ、これ~」っと言って、息子の電車のおもちゃを取り出しておねえさんに見せていました。

おねえさんには、爆弾か何かに見えたようで、かなり焦っていたけど、電車だとわかって、おねえさんもホッとしてました。
っというか、私の方がびっくりですよ。
もう少しで別室に連れてかれる勢いだったから、ドキドキしましたよ

ホール
セキュリティーチェックのところで時間がかかってしまったけど、なんとか旦那様と息子に追いつき、中に進んで行くと、12時の看板があったのでそこに並びました。

携帯の電源を切ること、ホールから先は写真撮影禁止などの説明を受けてから、ツアーが始まりました。
写真はツアー終了後に撮りました。

まずは上院を見学しました。
女王様が座るところは、黄金に光り輝き、とにかく豪華。
でも、上院の場所自体はニュースで見るよりこじんまりしていて驚きました。

小さな場所だからこそ議論が白熱するのかな?
日本の国会は広くて、居眠りしている議員がいるけど、このぐらい小さいと居眠りもできなくていいのに。

下院もやっぱり小さかった。
イスの周りに立っている議員がいるのをニュースで見たことがあったけど、それは、場所が狭すぎて座る席がなくて立っているのだというのがわかりました。

他にはチャーチルやサッチャーの像があるロビー、議員名簿や記録の本が並んでいるロビー、女王様が座るいすなど、いろいろ見学できました。
途中から息子が飽きてきて、持ってきた絵本を見せてなんとかしのぎ、75分間のツアーが終了しました。

歴史ある建物だけあって、内部も豪華でした。
写真撮影禁止だったから、写真はないけど、国会議事堂のサイトを見ると、内部の写真が見られます。

パンフレット&ビジターカード
ホールには無料のパンフレットがあるというので、もらいにいったら、日本語のパンフレットがありました。
私達がいる時は、日本人を見なかったけど、日本人もたくさん来るのかな?

ソーセージ&マッシュ
国会議事堂の見学が終わったら13時半を過ぎていたので、ランチの場所を探していたら、混んでいるパブがあったので入ってみました。

中に入いるとソーセージ&マッシュのポスターが貼ってあったから、気になって注文してみました。

名前の通り、マッシュポテトの上にソーセージがのっているものです。

ソーセージが選べるので、ペッパーステーキソーセージにしてみたら、弾力のあるソーセージでこしょうが効いていて、なかなかおいしくて、ビールに合います。

その後は、国会議事堂周辺を少し散歩してから帰ってきました。


毎年、夏になると国会議事堂の内部が見学できるので、機会があればぜひ行ってみてください。
スポンサーサイト
【 2008/09/23 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(0)

ビーズリング

ビーズリング
MIZUさんからいただいた、ビーズキットで作ったリングの写真を撮ったのでサイトにUPしました。

一眼レフで撮ってみたけど、マクロレンズがないから、イマイチな写真ですが、背景がボケているのでよしとしましょう。

久しぶりにレシピを見ながら編んだから、「今、どこまで編んだ?1つ飛ばした~!」ということが起こり、なかなか進まなかったけど、ビーズアクセサリー作りをしている時は集中できて楽しい♪

息子がナーサリーに行っている時間を使って、ビーズアクセサリー作りを再開しようと思ってます♪

っといっても、息子がいないのをいいことに、地下鉄に乗ってお買い物に行ったり、旅行の調べ物をしたりしていて、なかなかビーズアクセサリー作りができていないのよね。

来週こそは、ビーズアクセサリー作りをしよう♪

ナーサリー

先週の木曜日から週3回午後のみ、ナーサリー(幼稚園みたいなもの)に息子は通い始めました
今年の1月に見学に行き、登録をしたけど、その後何の連絡もなく、もしかして忘れられている?っと思っていたら、7月になって9月から入れますよ!のメールが届きました♪

そのナーサリーは少人数制で、独自の教育方針のため、なんだか人気があるらしく、生まれたらすぐに登録をする人も多いらしい。
私たちは、家から歩いて行ける距離でナーサリーを探しただけだから、そんなことをまったく知らずに登録し、後から人気のナーサリーだというのを知りました。
だから待たされたのね。

今まで週1回午後のみ、日本語のプリスクールに通っていて、最近ようやく慣れたところだから、現地のナーサリーに息子が馴染めるかどうか心配していました。
「日本語のプリスクールに初めて通うハーフちゃんは、みんなパパも来ているから、現地のナーサリーもパパが来ると思うよ」っと旦那様に言うと、初日は一緒に来てくれることになりました。

実際に行ってみると、初めて通う子は、ほとんどがパパ、ママと一緒で、中には、家族総出で来ていて、おばあちゃんやお姉ちゃんも一緒に来ている子もいました。

初日は、親も一緒に教室に入ることができて、お弁当を食べるのを見守ります。
息子は、このナーサリーにあるおもちゃが好きだから、教室に入ってもまったく泣かずにお弁当を食べ、すぐにおもちゃで遊んでいました。
慣れてきたところで、息子とバイバイすると、泣き始めました。

そのまま家に帰ってしまったけど、特に連絡もなかったので、楽しくやっているのかと思って迎えに行ったら、先生に抱っこされていて、音楽も絵を描くこともほとんどやらなかったようです。

2回目は、預ける時に泣いていたから、お弁当を食べるところまで教室の中にいようと思ったけど、2回目から教室に親は入ってはダメと言われて入れませんでした。
厳しいようだけど、この方がすぐに慣れるみたい。

迎えに行って先生と話すと、最初の10分は泣いていたけど、その後は、絵を描いたり、ダンスをして楽しんでいたようでした。
通い始めたばかりの子には同じ先生がずっと一緒にいてくれるみたいだから、息子も安心したのかな?

3回目の今日は、預ける時に泣いていたけど、2回目より泣く声が小さかったので、大丈夫だと思い、すぐにナーサリーから出てきました。
迎えに行くと、今日は良い子にしていたと言われました。
少しずつ慣れてきているみたいだから、ナーサリーに通うのが楽しくなってくれるといいな~

迎えに行くときは、ドアの前で待っているママたちとお話をするのですが、会話のスピードが速すぎてついていけません

「うちの娘は20分以上も泣いてたわ」
「私の娘なんて、ママは帰っちゃダメ。ずっと一緒って言うから困るわ」
「娘さんいくつ?」
「3歳なのよ」
「今も泣いてるわ」
「うちの子大丈夫かしら?」

こんな感じの会話をしているのですが、ネイティブな人の会話は速すぎて、内容を理解したときには、もう次の話題になっているから困る。
日本人も何人か通っているので、わからない時はその人たちにいろいろ聞かなくっちゃ。
ってその前に、英語の勉強をしないとね
【 2008/09/10 】 子育て | TB(0) | CM(4)

Rye

他にもいろいろ書くことがあるけど、おでかけしたのを優先に書かないと、日記が追いつきません
先々週の土曜日は、予定をまったく決めていなくて、当日になって、ガイドブックや雑誌などを見て、前から気になっていたRye(ライ)に行ってきました。

ガイドブックを見ると近そうに見えたけど、TomTom(カーナビ)に住所を入力したら2時間もかかると出てきて…とっ遠いね(汗)っと思いながらも11時過ぎに出発。

この時間に出かけたのが失敗で、いろんなところで自然渋滞や工事渋滞にはまり、結局ライに着いたのは、14時半頃でした。
3時間以上もかかるなんて…やっぱりおでかけするときは、朝からでかけないとダメですね

ランドゲート
駐車場に車を止めて、ランドゲートを通り、ライの町を歩きました。
小さな町なのに、人がいっぱいいてびっくり!
かわいい町並みだから、観光客もたくさん訪れるそうです。

マーメイドストリート
歩いていたら、ライの町で有名なマーメードストリートを見つけました。
中世ではメインストリートだった通りだけあって、とっても素敵な雰囲気の通りです。

マーメードストリートは坂道で、最初はなだらかなのですが、だんだんと急になるし、ごつごつした石畳だから上るのが大変。

道の端だけ整備されていたから、そこを歩きました。
石畳だけの道だったら、バギーを押すのは無理だったかも。


マーメイドストリート&マーメイドイン
マーメードストリートの建物はとってもかわいい。
中世の時代からの建物が、そのまま残っていて、中には1490年の建物がありました。
500年以上も前ですよ。すごい~

さらに歩くと、有名はマーメイドインがありました。
こちらも古く、1420年と書かれています。
このマーメイドインは実際に使われていて、ホテルとレストランになっています。

曲がった煙突
マーメードストリートから右に曲がると、作家のヘンリー・ジェームスが住んでいたラム・ハウスがあったけど、外壁の工事をしていたので、写真は撮れず。

さらに歩いていると、写真のように煙突が曲がっている家がありました。
イギリスは古い家が残っているから、煙突だけでなく、家全体が傾いていることがよくあります。


Simon The Picman
もう少し歩くと、Cindyさんが行ったカフェSimon The Picmanがセント・メアリー教会の近くにありました。
ショーウィンドウを見ていると、おいしそうなケーキが並んでいたから、さっそく中に入りました。

中に入ると蒸し暑い
この日は半袖でも暑いぐらいだったけど、お店の中は外より暑くて、座っているだけでも汗が出てきます。
暑いのを承知で、紅茶を注文したら、飲んだら汗がふきでてきて、もう暑い~
やっぱり冷たい飲み物にするべきでした。

トースティー、スコーン、りんごとラズベリーのパイを注文して、どれもおいしかったんだけど、暑さで写真を撮るのを忘れました。
外に出たら、風が気持ちよくて、汗もすっかり乾きました。

おじさん
カフェの前はカウンシルがあって、この日は結婚式を挙げていました

この町独特なのかわからないけど、衣装を着たおじさんが何かを叫び、手に持っている鐘を鳴らすと、みんなで拍手をして祝福してました。
このおじさんはいったい何者なのだろう?

ライの町並み
教会や古い建物を見ながら息子と一緒に散歩していたら、イプレス・タワーのところに大砲がある広場があったので、ここで息子を遊ばせました。
その後は、のんびり町を歩いたけど、17時を過ぎるとお店が次々に閉まってしまい、アンティークショップもほとんど見られなかった。

やっぱりおでかけする時は朝からでかけないとダメですね。
【 2008/09/09 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(0)

ロンドン交通博物館

ウィーンの旅行記を書いていたから、日記が追いつかず先週のことですが、先週の金曜日は、お友達(大人3、子供3の合計6人)とロンドン交通博物館に行ってきました。

最近、息子はバギーに乗っていても脱走するし、ロンドン交通博物館は、歩いて見学した方が楽しいから、バギーなしでおでかけしてみました。
待ち合わせの駅が家から15分ぐらい歩いたところにあるから、息子のペースに合わせて待ち合わせ時間の30分前に出発!

途中に公園があるから、公園で草を摘んだり、リスを見たりしていたから、待ち合わせ時間ぴったりに到着。
やっぱりゆとりを持って家を出ないとダメね。

バギーがないと地下鉄の階段も楽に下りられるし、バギーが荷物にならずにいいかも。
地下鉄に乗って、コベントガーデン駅に到着。
この駅からロンドン交通博物館は歩いて2、3分なのに、息子が立ち止まったり、他のお店の中に入っていくから、10分ぐらいかかって到着。

ロンドン交通博物館
他の友達がまだ来ていなかったから、ロンドン交通博物館の前で待っていたけど、息子は、ひたすら走り回って追いかけるのが大変~
なので、ロンドン交通博物館の中にあるショップでお土産になりそうなものを見ていたら、息子は地下鉄のおもちゃに興味を持っていました。

気がつくと、そのおもちゃを2つ持ってうろうろしていてびっくり。
そのおもちゃが気に入ったようなので、1つだけ買いました。

友達も来たので、ロンドン交通博物館のチケットを買うと、大人10ポンドなのになぜが1人8ポンドでした。
学生と間違われたりして?っと思ったけど、レシートには大人3人で24ポンドっとなってました。

夏休み期間だったから安くなったのかな?
ここで質問して、実は10ポンドでしたっと言われても…っと思い、内緒にしておいきました(笑)
子供用にスタンプラリーの紙をもらいました。

中に入ると、息子はうれしすぎて、走り回り、入口からちょっと言ったところに出口があるのですが、あっという間にその自動ドアから出てしまい、ショップの中に消えていきました

ショップ側からは自動ドアが開かないようになっているから、友達に自動ドアを開けたままにしてもらって、息子を見つけて連れ戻しました。
まだ何も見てないのに出口から出てしまうとは…先が思いやられます

日本の路線図&地下鉄内&バス
リフトに乗って、2階(日本では3階)の1800年代に行っても、ずっと走りまわっているし、入ってはいけないところに入ろうとしたりして、息子を追いかけるのが大変。
「男の子は大変ね~」と友達に同情されるぐらいでしたよ。
女の子2人は、ママの近くにいて、ゆっくりと展示物を見ているというのに…

まっ、追いかけまわすのを覚悟して来ているから、それほどぐったりはしてませんが、他の人から見ると、かなり大変に見えるようで、近くにいたスタッフのおねえさんにまで、「この子はよく動くわね~」っと心配されちゃいました。

2階、1階っと見学していき、最後は地上階(日本では1階)を見学しました。
ここには、最近の地下鉄やバスなどが展示してあったり、地下鉄を運転するゲームがあったりと大人も子供も楽しめるようになっています。
子供用には、木のおもちゃやバスを運転するゲームなどもありました。

木のおもちゃ&子供用乗り物
息子は、木のおもちゃにも興味を持ってくれて、長い時間遊んでくれたから、イスに座って友達とやっとおしゃべりができました。ふ~

電車の展示物
木のおもちゃで遊んだ後に息子が興味を持ったのは、光るボタンを押すと、電車が出てくる展示物です。
この展示物が気に入り、他のところに行っても、何度もここに戻ってきて遊んでました。
一番下のボタンを押すと、地下鉄が出てくるから、息子はそのボタンを何度も押して、「うぉ~」っと言いながら喜んでいるから、かなり楽しかったみたい。

地下鉄の座席&ゲーム&床の映像
他には、最新の地下鉄の座席に座ってみたり、ゲームで遊んだりしました。
そして、電車やバス、路線図、マークなどの映像が床に映し出されるところにも興味を持ってくれました。
次々に映像が変わるから、飽きずにみんなここで遊んでいてくれたから、大人たちはベンチに座ってゆっくりできました。

12時を過ぎて、子供達がお腹が空いたっというので、休憩スペースで子供達だけおにぎりを食べて、その後、少し遊んでから外に出ました。
大人は何も食べてないので、コベントガーデンにあったイタリアンで食事をしました。

その時に、地下鉄のおもちゃでみんな遊んでいたから、ゆっくり食事ができました。
「ワイン飲んじゃう」っとみんなで言ってたけど、帰りのことを考えてやめときました。
家の近くだったら、確実に飲んでたな~

たくさん遊んでいるから地下鉄に乗ったら寝ちゃうかな?っと思ったけど、まったく寝る気配もないし、駅を出たところにある公園でも遊んで帰ってきました。
家に帰ってきても寝る気配がまったくなかったけど、いつもより早めに夕食を食べさせて、お風呂に入れておいて正解!

19時過ぎに寝ちゃいました。やっぱり疲れていたのね~
私も疲れていたから、その日は早めに寝ちゃいました。
男の子のママは体力がないとダメね。筋トレでもしようかな?
【 2008/09/07 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(0)

ロンドン水族館

ロンドン水族館
24日の日曜日は、ロンドン水族館に行ってきました
3連休だからか?それとも観光地だからか、ロンドン水族館に入るのに行列ができていました。

12時過ぎだから混んでいるのかもしれないから、もう少ししたら空くかも?っと思って、近くのベーグル屋さんで昼食を食べました。
ひさしぶりにベーグルを食べたけど、おいしかった~
ロンドンアイの近くにロンドン水族館があるから、周辺は人だらけ。

ロンドン水族館には、まだ長い行列ができていたので、近くにあったファストチケット売り場でチケットを買いました(13.50ポンド)
このファストチケットを持っていると、専用入口があり、ほとんど並ばずに入れるので便利です。

地下1、2階が水族館になっていて、それほど広くないので、まずは息子をバギーに乗せたまま見学することにしました。
バギーから降ろしたら、走り回ってゆっくりお魚を見ることができないからね。

サメ&クマノミ&エイ
まずはサメがいる大きな水槽から見ました。
サメがガラスに向かって近づいてくると、迫力があって、ついつい「ジョーズ」のテーマソングを口ずらんでしまうと、他の人も同じように口ずさんでいました。
やっぱりサメ=ジョーズなんですね。

サバが泳いでいる水槽があって、おいしそうっと思ってしまうのは私だけ?
水族館に行くと、おいしそうな魚って思ってしまうのよね。くいしんぼうだから?

クマノミを見つけると、「ニモ、ニモ」っと言って息子は喜んでました。
古いガイドブックにはエイに触れるっと書いてあったから、楽しみにしていたけど、実際に行ったら、触るのが禁止になってました。
でも、エイが水面近くまで泳いでくるのが見られたからよかった。

一通り見たので、息子をバギーから降ろすと、走り回って、すぐに遠くに行ってしまうから、追いかけるのが大変~
バギーがあると息子に追いつけなくなるから、交代で息子を追いかけます。

小さな魚&クラゲ
興味のある水槽の前では立ち止まって見ているけど、またすぐに逃走~
逃走しても、必ず立ち止まるのは、くらげの水槽でした。
この水槽は、定期的にライトの色が変わるから、くらげが青、赤、緑などいろんな色に見えて楽しいみたい。

サメの水槽
他には、やっぱりサメの水槽が気になるようで、何度も見ていました。
白いサメがじっとしていたから、息子もじっと見てました。

2時間ぐらい水族館にいて、その後、お土産屋さんでサメのぬいぐるみを買ってから帰ってきました。
規模は大きくないけど、いろんな魚がいるから楽しめました。
【 2008/09/05 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(0)

Osterley Park

19日の夜にウィーン旅行から帰ってきて、次の日、息子は日本語のプリスクールに行き、旦那様は仕事に行って、ゆっくりできていないので、23~25日の3連休は、家でのんびりしたり、家から近いところに行きました。

23日の土曜日は、午前中のんびりと家で過ごしてからOsterley Park(オスタリー・パーク)に行きました。
Saoriさんのブログで何度も登場するオスタリー・パークは、前から気になっていたけど、一度も行ったことがなかったので、今回初めて行きました。

うわさ通り、オスタリー・パーク内に入って少し行くと、右側にファームショップがありました。
帰りに買うことにして、まずは駐車場に車を止めました(3.50ポンド)

バギーを念のために持っていったのですが、結局ほとんど乗らずに邪魔になるだけでした…
公園に来た時はバギーはもう必要ないみたい。

鳥&息子
歩いていると池が見えてきて、鳥がたくさん池の周りでのんびりとくつろいでいました。
息子は鳥が気になり、近づいていっては、鳥を池の中に強制的に誘導。
次々に誘導された鳥は迷惑だよね。ごめんよ~

オスタリー・ハウス1
オスタリー・ハウスが見えてきたので、写真タイム
デジタル一眼レフで、いろいろな角度からハウスを撮ってみました。
構図や絞りなど、まだまだ修行が足りないから、思ったような写真にはならず。
もっと勉強しなくっちゃ。

クランブル
昼食をまだ食べていなかったので、ティールームで食べることにしました。

スコーンに惹かれたけど、やっぱりもりもり食べたかったので、今日のメニューの中にあった、オスタリー・パークの野菜がゴロゴロ入ったクランブルにしました。

味付けがシンプルだから、野菜の味がしっかりしておいしかった♪
付け合せのじゃがいももサラダもおいしくて全部食べちゃいました。

オスタリー・パークの野菜はとってもおいしいから、帰りにファームショップで野菜を買わなくっちゃ。

お腹もいっぱいになったので、外に出て次はどうするか決めました。
ハウス内を見学したいけど、ハウス内を息子が走り回って調度品を壊したら大変なので、今回はガーデンを見学しました(3.50ポンド)
広~いガーデンなので、受付のおじさんから地図を借りてから出発。

オスタリー・ハウス2
まずは、オスタリー・ハウスの写真を撮りました。
階段には黄色、赤、紫の順にお花が飾られていて素敵♪
階段下にはちょっとした部屋があり、壁や天井の装飾が素敵です。

花
歩いていたらお花畑のようなところがあったので、お花の写真を撮ってみました。
ピント合わせが難しい~
ゆっくり写真を撮りたかったけど、蜂がいっぱいいて怖いので、5分ぐらいで退散。

オスタリー・ハウス3
歩いていると建物や教会があったりするから、飽きずに歩くことができます。
途中で白鳥の親子にも会えました。
息子もずっと歩いていたから、途中から旦那様が抱っこすることもあったけど、バギーに乗らずにほとんど歩いていました。
のんびり歩いていたから、ガーデンの中に1時間半もいたのにはびっくり。

帰りにファームショップで野菜を買って帰ってきました。
スーパーで買うより、野菜の味が濃いし、そしてびっくりするほど安い。
野菜を買いにオスタリー・パークに行きたいぐらいです。

この日は、のんびりした休日になりました。
【 2008/09/03 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(2)

ウィーン5日目

最終日の5日目は、シェーンブルン動物園に行きました
2日目のシェーンブルン宮殿を見学した時に、動物園にも行こうと思っていたけど、雨が降っていて寒かったのでやめてしまったのです。
この日は晴れていたし、息子にいろんな動物を見せたいと思って行ってきました。

10時過ぎにシェーンブルン駅に着いて、シェーンブルン宮殿に向かって歩いていると、観光バスから続々と人が出てきて、シェーンブルン宮殿の入口は、人でいっぱい~
チケット売り場には長い行列ができていてびっくり!
動物園のチケットは、動物園の中で買うから、チケット売り場に並ばずにすんでよかった。

シェーンブルン宮殿
晴れているから、シェーンブルン宮殿の写真がきれいに撮れます。
でも、かなり日差しが強くて、半袖でも暑い~
写真を撮りながらのんびり歩いて、15分ぐらいで動物園に到着しました。

入口&サイ&バッファロー&シカ
チケット(10ユーロ)を買って中に入ってから、息子をバギーから降ろしたら、走る走る~
坂道や階段があるのが楽しいらしく、ひたすら走るから、追いかけるのが大変~

入口からすぐのところにいたサイやバッファローを見せたら、少しだけ興味を持ったけど、やっぱりすぐに走り出しました。

シロクマ&ペンギン
シロクマやペンギンがいるエリアに行くと、息子は興味を持ってくれたからよかった~
シロクマの赤ちゃんを探したけどいなかった。
暑いから部屋の中にいたのかな?
ペンギンが泳いでいるところや歩いているのを見て、息子は喜んでました。

その後は、アザラシを見たのですが、アザラシエリアは、いろんなところに階段と坂道があって、階段の上り下り、坂道を走り、また階段の上り下り…の繰り返し、息子は小さいから人の間をすり抜けて、あっという間に遠くの方まで行ってしまうから、追いかけるのが本当に大変でした。

息子は、追いかけられていることが楽しいらしく、笑いながらひたすら走ってました。
15分ぐらい、こんなことをしていたから、もうぐったりですよ。
でも、息子は元気いっぱいです。

ゾウ&キリン&パビリオン
息子をアザラシエリアから連れ出し、今度はゾウを見に行きました。
初めてゾウを見た息子は、「ワンワン」って言ってました(汗)
こんなに大きな犬はいませんよ~
犬と間違っているけど、ゾウには興味を持ってくれました。

その後は、息子が好きなキリンを見に行くと、「キリン、キリン」っと言って近づいてみてました。
さっき、追いかけまわして疲れたから、皇帝のパビリオンで昼食を食べることにしました。
このパビリオンからは、動物が見えるようになっているから、キリンが見える席に座りました。

息子はキリンを見ながら食事ができてうれしかったみたい。
パビリオンでゆっくり休んでから、また動物を見に行きました。
キリンの隣にはパンダがいるので見に行くと…

パンダ
ものすごい格好で熟睡している子パンダと親パンダ。
パンダって仰向けでも眠るんですね。知らなかった。
パンダをゆっくり見ようと思ったけど、寝ているし、息子が走りまわるので、少しだけ見て出てきました。

その後は、爬虫類や魚を見たけど、ここでも走り回って、もう大変~
かなり疲れて、だんだんと具合が悪くなってきました。軽い熱中症っぽい
アイスを食べて、体を冷したけど、まだ具合が悪いので、ゆっくり歩いて動物を少し見てからホテルに帰りました。

ホテルに帰って、荷物を受け取り、地下鉄に乗って西駅に行って、リムジンバスに乗ってウィーン空港へ。
リムジンバスの中で寝たら、すっかり元気になりました。

空港に着いたら、今度は旦那様の具合が悪くなり、ベンチで休憩。
少ししたら元気になったので、チェックインして、軽く夕食を食べてから飛行機を見ました。
息子はリムジンバスの中で寝たから、元気いっぱいですよ~

飛行機に乗ったら、いつも私のひざの上に座って、シートベルトをするのに、今回は「2歳を過ぎているから1人で座りなさい」とCAに言われたので、息子は1人で座りました。
1人で座っていたから離陸するときにちょっと緊張していたけど、その後は、騒ぎもせずに大丈夫でした。

旅行から帰ってきてから「ひこう~のったね。BAのったね。」と楽しそうに話しているから飛行機に乗ったのが楽しかったみたい。
前回のミラノ行き飛行機だけが怖かったみたいだから、もう飛行機の心配をしなくてすみそう。よかった。

こんな感じでウィーン旅行は終了しました。
観光メインの旅行はこれが最後かな?
次回からは、観光は少しだけで、後はのんびりするか遊園地や動物園で遊ぶようになりそう。

長い旅行記になりましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。
詳しい内容は、また旅行記で紹介しますね♪っていつになるのやら…
【 2008/09/02 】 旅行 | TB(0) | CM(0)

ウィーン4日目その2

オーバーラー
市立公園の後は、ケーキがおいしいと言われているカフェのOberlaa(オーバーラー)に行きました。
木苺のケーキ、カイザーシュレーマン、アイスカフェー、りんごジュースを注文しました。
アイスカフェー、りんごジュースはすぐに来て、その後にカイザーシュレーマンが来たまではよかったのですが…

しばらくしても木苺のケーキが来ない。
10分待っても来ないので、担当のおばさんを探したけど、いなかったので他の店員のおねえさんさんにケーキがまた来てないことを言うと、「わかりました。すぐに持ってきます」っと言ったのに…
しばらくしても来ない!

そして、そのおねえさんを探すと、まったく何もせずに他の店員さんと立ち話。
まったくやる気がないから、担当のおばさんを探し、やっと見つけて、ケーキが来てないことを伝えると、「ごめんなさい。忘れてたわ~」っと言って、ケーキを持って来てくれたのですが…
ケーキを見たら、りんごのケーキで…怒

かなりの時間待たされていたから、息子は飽きてしまった。
ケーキが間違っていることを言おうと思ったけど、またおばさんがいないので、もうそのまま食べました。
ケーキはおいしかったけど、店員の態度にむかつき、なんだか印象が悪いカフェでした。

他のお客さんへの対応もチェックしたら、ランチを食べ終わってナイフとフォークを置いた途端に店員のおねえさんがやって来て、すぐにお皿を下げて、いかにも早く帰ってっという態度だったのを見て…
たまたま対応の悪い店員さんに当たってしまい、せっかくおいしいケーキも台無しでした。

カフェに行ったのに、余計疲れてしまったけど、気を取り直して、街を散策しました。

ユリウス・マインル&スーパーで買ったもの
歩いていると、老舗スーパーのJulius Meinl(ユリウス・マインル)があったので、コーヒー缶を買いました。
コーヒー缶にはクリムトの「接吻」が描かれていて、とっても素敵なので、ウィーンの記念に買いました。

その後は、近くのスーパーのBILLAに行って、Manner(マナー)の、ウェハースのお菓子、グラーシュズッペ、フリターテンズッペを買いました。

セセッション
その後に、セセッションを見に行きました。
月曜日が定休日なので、中に入ることはできないのはわかっていたけど、建物が見たくて行ってみました。
日差しが強い中を10分ぐらい歩いたから、もうそれだけで疲れちゃいました。

旦那様と息子は日陰で待っていてもらい、1人でセセッションの近くまで行きました。
セセッションの建物には、金色に輝くドームがあり、月桂樹の葉を透かし彫りにしたものですが、「金色のキャベツ」と呼ばれています。
晴れていたから、金色がまぶしかった。

内部にはクリムトの「ベートーベン・フリーズ」っという壁画があって、見てみたかったけど、定休日で見られなかったのが残念。

暑いから地下鉄に乗って、フォルクステアーター駅に行き、そこから歩いてフォルクス庭園まで行きました。
夕食まで時間があったので、フォルクス庭園で息子を遊ばせたら、芝生の上を走り回り、追いかけるのが大変~
今まで、息子はバギーに座りっぱなしだったから、公園で遊べるのが楽しかったみたい。

ウィーン風ハンバーグ&パン粉がついてないシュニッツェル
1時間ぐらい遊んでから、近くのレストランのツーム・ロイポルトへ。
ガイドブックにウィーン風ハンバーグがおいしいっと書いてあったのが気になったのです。
ウィーン風ハンバーグとパン粉がついてないシュニッツェルを注文しました。
ハンバーグもシュニッツェルもやわらかくっておいしかったから、息子もたくさん食べてくれました。

早い時間だったから、市庁舎を通り、国会議事堂を見てから帰ってきました。
【 2008/09/01 】 旅行 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。