0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミラノ

26日(土)~28日(月)の2泊3日でミラノに行ってきました。
ミラノといえば、お買い物っというイメージがあるけど、今回の目的は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を観ることだったので、お買い物はほとんどしてません。

25日(金)が開放記念日でお休みになり、3連休っというのもあって、26日(土)は、どのお店も混んでいて、ゆっくりショッピングっという感じがしなかったのと
「セールになってから買おう」っと思ってしまい、なかなか普通の値段の時に買おうと思わなくなってしまっているのが原因かも。

最大の原因は、「もう旅行をするのは、辛いからやめよう」っと思うぐらい疲れることがあったのです。

それは・・・


息子が飛行機の中で、泣き叫び続けたからです
飛行機に乗る前は、「ひこう~、のるの?」っと言って楽しみにしていたし、いつも飛行機の中では、寝てることがほとんどだったので、今回も大丈夫だと思っていたのですが・・・

席に座って、窓から外を見て、飛行機が離陸するところを見て楽しんでいたのに、乗っている飛行機が離陸したら、急に「No~~」っと叫び暴れ始めたのです。
ベルトサインが消えるまで、私は必死に息子を押さえていたけど、サインが消えたから、ベルトを取ると、息子は私から抜け出し、食べ物や飲み物のカートやCAの席があるところに逃げ込み、隅っこで丸くなっているのです。

席に連れていこうとしても、暴れるので、一緒にカートの横に座っていました。
落ち着いたから、席に連れて行こうとすると、また泣き叫ぶので、抱っこしたままカートの横にいました。
CAのお姉さんがCA用の席を貸してくれて、そこに座れたからよかったけど、それまでは、ずっと変な体勢で座ってたから、足がしびれるし・・・

いつの間にか寝たので、席に戻ってしばらくすると、突然息子が起きて、また泣き叫びながらカートの横に行ってしまいました。
飛行機が揺れたり、降下したりするだけで泣き叫び、本当に辛い

幸い、乗客が21人しかいなかったのが救いでした。
結局、私は飲み物もサンドウィッチも食べられずに、ひたすら息子を抱っこしてて、本当に疲れ果てました。

今まで、飛行機に乗っても、まったく平気だったのに、今回はどうしたのだろう?っと思いいろいろ考えたら、まず機体がエアバスで、普通の飛行機より、気圧の変化が激しかったことが原因のようでした。

お水を飲ませようと思って、ヌービー(ストロー付き水筒)のキャップを開けたら、水が1m近く噴水のように出たのです。
普通の飛行機だったら、こんなことありえないから、かなり気圧の変化があったようです。

大人でもいつもより耳が痛くなったし・・・
エアバスの古いタイプの飛行機だったから、こんなことになったのかも。
やっぱり飛行機はボーイングじゃないとダメかも。

飛行機が着陸して、ゲートに到着したら、息子は元気になり、窓の外を見て「ひこう~、あった」っと言って喜んでいたけど、私はぐったりです。
こんなこともあり、お買い物する気にもなれなかったのかも。

そして、夕食を食べようとホテルの近くのシーフードレストランに行った時も・・・
ハイチェアに座って、息子はパンを食べて喜んでいたのに、突然「No~~」っと叫びだし、ハイチェアから抜け出そうとして、私が抱っこしても暴れ、レストランから出ようとするのです。

とりあえず、外に出て落ち着いたら中に戻ろうと思って道を歩いていたけど、レストランが見えてくると「No~~」っと言って、逃げ出そうとするのです。
なんで、こんなに怖がるのだろうっと思ったら、そのレストランには、仮面がたくさん飾ってあったのです。

「仮面は動かないから怖くないよ」っと言っても、まったく効果なしで、レストランの中に戻ったら、やっぱり泣き叫ぶので、食べずに出てきてしまいました。
生牡蠣やロブスターやカラスミパスタを食べる予定だったのに、食べられずにホテルに戻りました。

こんなことがあって、もう食べる気もしないっというか、もう疲れ果てて、その日は何も食べずに寝ちゃいましたよ
こんな嫌なことがあるならもう旅行なんてしたくないって思って泣けてきたけど、眠ったら嫌なことは忘れちゃうもので、次の日からいつも通り旅行を楽しめました。

子連れで飛行機に乗るときは、エアバスには気をつけましょう。


BAの飛行機
スポンサーサイト
【 2008/04/29 】 旅行 | TB(0) | CM(6)

3回目も・・・

春休みがあり、3週間も日本語のプリスクールがお休みで、久しぶりのプリスクールだからどうかな?っと思っていたけど、やっぱり泣きました

まず、プリスクールの建物が見えた時点で「No~~」っと言って嫌がっていたけど、息子はバギーに乗っているので、そのまま建物の中へ。
教室の前でバギーから降ろしたときは、知っている子がいたからニコニコ機嫌がよかったのに、教室のドアが開いた途端に、泣き出しました。

まずは、ランチタイムなので、みんなでお弁当を食べます。
私が隣にいるので、今回はお弁当を食べてくれました。
前回は、私にしがみついたまま、お弁当をほとんど食べなかったから進歩してます。

お弁当を食べ終わって、遊ぶ時間になったので、この時にお別れ。
泣いているけど、ここは我慢をして「ママは後で戻ってくるからね」っと言って退室。
泣いているのを見ると、かわいそうになるけど、誰もが通る道なので、ここは我慢です。

ここからは私の自由な時間なので、まずは気になっていた小さなパン屋さんへ。
小さなパン屋さんだけど、お客さんが次々に入っていくので、気になっていたのです。

バケット、クロワッサン、ペストリー、マフィンなどがあって、どれにするか迷ったけど、大きなスコーンが気になり、結局スコーンを買いました。

っで、スコーンを買ったので、すぐに食べたくなったから、マークス&スペンサーでクロテッドクリームを買って、家に帰って、さっそく食べました。

スコーン
レンジで少しだけ温めて、クロテッドクリームといちごジャムを塗って食べました。

イギリスでは、クロテッドクリームとジャムの塗る順番でけんかになるほど、どちらを先に塗るかが重要らしいけど・・・
私はいつもクロテッドクリームを塗ってからジャムを塗ってます。

なかなかおいしいスコーンだったから、2つ食べたら、お腹がふくれるし、クロテッドクリームを摂取しすぎて気持ち悪くなっちゃった。
食べすぎはだめですね。
今度は、1つだけ買うことにしよう。

家でのんびりしたり、お買い物をしたり、用事を済ませたりと一人の時間を満喫しました。
クロテッドクリームをたっぷり塗ったスコーンを2つも食べて、カロリーが気になるので、バスに乗らずにプリスクールまで歩い行きました。少しはカロリー消費できたかな?

息子を迎えに行くと、今回もバギーに乗ってました。
でも、寝た時間は20分ほどだったから、前回よりは進歩してます。
先生に聞いたら、私がいなくなった後は、泣き続けていたけど、バギーに乗せたら、泣き止んだそうで

少しだけ工作や歌などに参加したけど、泣き疲れたから、寝てしまったそうです。
少しずつですが進歩しているので、あともう少しかな?気長に待とう。
【 2008/04/22 】 子育て | TB(0) | CM(2)

su'mu

JAC Strattons(日系の不動産屋さん)が発行しているパンフレット「su'mu」に我が家が載りました。
12月頃に取材を受けたのですが、その後、何の連絡もないので、もう載らないのかな?っと思っていたら、2ヶ月に1回の発行になったとかで、4、5月号に載りました。

11月頃にJACから「インタビューをさせてください」っと言われたので、てっきり入居後フォローとして家の不都合でも聞いてくるのかと思っていてOKしたら・・・
パンフレットに家の紹介をしたいということでした。
我が家は賃貸なのに、なんで家の紹介をしたいのだろう?っと思っていたら、最近、ロンドンに来た駐在員ファミリーのお家紹介だったのです。

そして、取材当日まで、またまた勘違いをしていた私は、家の紹介だから、この家の良いところを探さないといけないと思い、どこか良いところはないかな?っと考えたけど、やっぱりオランダの家と比べると・・・見つからない
考えた結果、広いテラスと家からロンドンアイが見えることしか思いつかなかった。

取材当日は、日本人のかわいい女性2人が来ました。
自己紹介、ロンドンに来た理由、オランダでの暮らし、なぜか旦那様との出会いなど私達のことばかり聞かれて、家の取材だと思っていた私は、途中から???

そうです。この取材は、JACが提供した家にこんな人たちが住んでますよ!っという取材だったのです。
ロンドンに駐在することが決まって、家を探している人が見るパンフレットだから、こういう内容だったのです。
気づくのが遅い?

パンフレットの「su'mu」が届いたので見てみると、家の写真はほとんどなくて、私達を紹介している内容でした(汗)
このパンフレットは、家を探している日本人しか見ないからいいか~

一応、小さく写真を載せておきま~す。記念っということで。


パンフレット
【 2008/04/18 】 今日の出来事 | TB(0) | CM(12)

リッチモンド散策

土曜日はリッチモンド周辺に行ってきました。
春休みで、どこに行っても混んでいることはわかっていたけれど、リッチモンドならそれほど混んでいないと思っていたのが甘かった

11時半頃に家を出て、リッチモンド方面に向かっていると、道が混んでいてリッチモンド駅前の道は車と人が入り乱れていて大変なことになっていました。

イギリス人は、待つことが嫌いなので、赤信号でも平気で渡ってくるし、渋滞して車が止まっていれば、その間をすり抜けていくのです。

危険だから止めて欲しいと思うけど、どこに行っても同じだから、イギリス人には普通のことらしい。
リッチモンド駅を超えて少し走ると渋滞もなくなり、走りやすくなりました。

BACKHAUS
向かった先は、Ham(ハム)という町にあるドイツ食材店です。
小さな町の一画に、お店が数軒並んでいて、そこにドイツ食材店のBACKHAUSがあります。

中に入ると、ハム、ソーセージ、チーズ、Hariboなど、ドイツらしいものがたくさん売っていました。
お目当てのソーセージ、ニュルンベルガーが売っていたので、すぐに購入。

他にも何かないかな?っと思って、お菓子のコーナーを見ていたら、オランダでよく食べていたKnoppers(クノッパーズ)が売っていたので、懐かしくなって買っちゃいました

このクノッパーズは、ウェハース、チョコ、クリームの層になっていて、大昔に食べたビックリマンチョコをもっともっとおいしくしたもので、1度食べるとハマッてしまう味なのです。

今まで普通サイズしか見たことがなかったけど、1口サイズのミニもあったので買っちゃいました。
イギリスではクノッパーズを見かけなかった(実はいろんなスーパーで探していた)から、本当にうれしい♪
また買いに行かなくっちゃ。

BACKHAUSの右2軒隣りには、ドイツのパンとケーキのお店もありました。
他にもいろいろ買いたいものがあったけど、次の予定があるので、ニュルンベルガーとクノッパーズだけ買って帰りました。

ペンブローク・ロッジ
次の目的地は、リッチモンドパーク内にあるペンブローク・ロッジです。
貴族のお屋敷や首相官邸になったことがある白いお屋敷っと聞いて、気になって行ってみました。

1階にセルフサービスのカフェ、レストランがあるので、まずはお昼にしました。
セルフサービスなので、サンドウィッチや簡単な暖かい食事があるだけで、何にしようか迷ってターキーのローストとジャケットポテトにしました。味は普通でした。
でも、外の景色は最高なので、ここで紅茶を飲んで、のんびりするのはいいかも♪

食事が終わって、外に出ると、リムジンが止まっていて、中から花嫁さんが出てきました。
この日はペンブローク・ロッジの2階で結婚式があるようです。
1階はセルフサービスのレストランになっているけど、2階は、結婚式やパーティーが行われるところなので、きっと豪華なのでしょう。

スクトールバグに乗らせようと思って、持ってきたのに、息子は少し乗っただけで、もう乗らないと拒否
せっかく来たのに・・・っと思って、お庭を散策しようと思ったら、雨が降りそうだったので急いで退散しました。

ピーターシャム・ナーサリーズ
リッチモンドパークで1日遊ぶ予定だったのに、雨が降ってきたので、リッチモンドパークの近くにあるピーターシャム・ナーサリーズに行きました。

ピーターシャム・ナーサリーズはおしゃれなガーデニングショップで、おしゃれなレストランとカフェがあることでも有名です。日本の雑誌にも何度も取り上げられているところです。

ピーターシャム・ナーサリーズの場所は、とてもわかりにくく、ピーターシャム・ナーサリーズのゾウのマークがある細い道を通らないとたどり着けないのです。
細い道を進んでいくと、係りの人がいて、駐車場を案内してくれるけど・・・

駐車場っというちゃんとしたものではなく、ただの路駐。
駐車スペースは20台ぐらいしかないから、空いていただけでもラッキーです。

ピーターシャム・ナーサリーズに入ると、たくさん人がいて混雑しています。
温室のようになっているところがあって、その中には植物の他にガーデニンググッズ、長靴、キャンドル、食器などが売っていたり、レストランやカフェがあって、とにかくおしゃれなところです。

ハンターの長靴、アスティエ・ド・ヴィラットのお皿、アンティークリネンもあって素敵です。
でも、とにかく混んでいるので、ゆっくり見ることができないし、レストランもカフェも混んでいるから、ゆっくり紅茶を飲もうと思ったけど無理でした。

外に出ると雨が降ってきちゃうし、なんだかもう見る気になれず帰ってきてしまいました。
バスで行けることがわかったので、今度は平日に来てみようと思います。

春休み中だから、帰りの道も混んでいて、いつもの倍の時間がかかりました
春休み中は、行く場所を考えて、早い時間に行動しないとダメですね。


【 2008/04/14 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(0)

雪が降りました

雪景色
日曜日、朝起きると外が真っ白でびっくり
土曜日の夜寝るときには、雨も降っていなかったから、夜中に雪が降りだしたみたいで、午前中いっぱい雪が降っていました

「あの~、今4月なんですけど~」っと言いたくなるぐらい、4月のこの時期にはありえないぐらい雪が降り積もっていました。

この雪を見ていたら、私の中学校の入学式の日に大雪が降ったのを思い出しました。
私の友達に強力な雨女がいて、高校生の時に友達になったんだけど、当然、中学校の入学式の日は一緒の日な訳で・・・大雪でした。
っということで、高校生の卒業式は、もちろん雨でしたよ。

昔の事を思い出しながら、雪を見ていたけど、せっかく雪が降ったので、雪がやんでから息子に長靴を履かせて、家のテラスで雪遊びをしました。

息子は、始めは雪の上を歩くのを嫌がって、同じ場所にいたけど、だんだんと楽しくなってきたらしく、端から端まで歩いていました。
雪を触ったら冷たいから、変な顔をしているのが面白かった。

雪だるま
せっかくなので、雪だるまを作ってみたけど、顔は平らで頭は絶壁のいびつな雪だるまになってしまった
鉢植えのところにあった石で顔を作ったから、目も鼻も小さくて、薄い顔になってしまった

この日は気温は高かったから、あっという間に雪は解けてなくなり、雪だるまも作ってから1時間で頭が落ちてました

雪で遊ぶ息子
雪が降った日曜日以降は、天気が良くなり過ごしやすい日が続いています。
今日は、晴れて暖かいから、半袖&ハーフパンツの人もいたぐらい(寒いと思うけど・・・)

半袖の人もいれば、ダウンジャケットを着ている人もいて、不思議でした。
私はスプリングコートだから、中間ぐらいの服装かな?
これから、どんどん日がのびて暖かくなるから楽しみだな~
【 2008/04/10 】 今日の出来事 | TB(0) | CM(2)

オーフォードでシーフード

土曜日は、Orford(オーフォード)までシーフードを食べに行ってきました
アサさんのブログの「イーストアングリアの旅」を見てから、ずっと行ってみたいと思っていたシーフードレストランの Butley Orford Oysterageに行ってきました。

ガイドブックにも載っていない小さな村のオーフォードはいったいどこにあるの?っと思って地図で調べたら、ロンドンから北東に行った海岸沿いの村でした。
さっそく、ナビにポストコードを入力して出発

高速の標識を見ても、もちろんオーフォードは出てこないし、一般道を走っていてもオーフォードの標識がないので、本当にあっているの?っと不安に思いながら走っていると・・・

細~い道に入り、牧草地や林の中を走って、ますます不安になっていたら、オーフォードの標識を発見
さらに細いくねくねした道を進んでいくと、オーフォードに到着しました。
途中で1回休憩したから2時間半かかり、12時半頃に到着しました。

オーフォードは小さな村なのに、駐車場には車がたくさん止まっていました。
そして、みんな同じ方向に歩いて行くから、何があるのかと思ったら、みんなシーフードレストランのButley Orford Oysterageに入っていくのです

レストランに入ると「お名前は?」っと聞かれて、「予約をしていないのですが・・・」っと言うと「今は席が空いてないので、30分後に来てください」っと言われました。
Butley Orford Oysterageは人気店なので、予約をしていないと待たされます。

他のお店はお客さんがほとんどいないのに、このButley Orford Oysterageだけ混んでいて驚きます。

オーフォード城
30分あるので、近くのオーフォード城を見学してみました(4.90ポンド)
お城の中の部屋や美術館の展示などを見たり、屋上から景色を眺めたりしました。

屋上からは素敵な景色が見られるけど、風が強くて寒いからあっという間に退散
お腹が空いているから、さらりと見ただけで出てきてしまいました。

Butley Orford Oysterage
30分経ったので、Butley Orford Oysterageに行くと、ちょうど4人席が空いたところで、片づけが終わったら座ることができました。
ハイチェアを用意してくれるのがうれしい
とりあえず、牡蠣チャウダー、たらこの燻製、ムール貝のグリル、エビのグリル、牡蠣のベーコン巻きを注文しました。

たらこの燻製は、日本のたらこと違って大きくてびっくり
たらこをトーストに塗って食べたけど、ほどよく燻製されていて、おっおいしい~
日本人だからごはんが欲しくなっちゃいましたよ。

牡蠣のベーコン巻きは、牡蠣はプリプリしていて、ベーコンは表面はカリカリしているのにジューシーで、めちゃめちゃおいしかった。
家でもまねして作ってみたくなりました ←いやっ無理かも。

息子もパンをもりもり食べていたし、エビやたらこを食べて満足していました。
他の料理もどれもおいしくて、オーフォードまで来た甲斐がありましたよ~
このレストランに来るだけの為にオーフォードに来てもいいかもって思ってしまいました。

いろいろ注文していたら、生牡蠣を注文するのを忘れてました(笑)
食べ終わったら注文しようと思っていたけど、途中からお腹がいっぱいになり生牡蠣には辿り着けず
次回は、まずは生牡蠣から注文しなくっちゃ。

子連れのお客さんも多く、お店の人もお客さんもみんなフレンドリーだから、居心地の良いレストランでした。
もっと家から近かったら、頻繁に行けるのにな~

Richardson's Smokehouse
レストランの隣には、燻製屋さんのRichardson's Smokehouseがありました。
燻製工場とお店が一緒になっている建物なので、お店の隣の扉からは、燻製の煙がもくもく出ていました。

燻製屋さんには、お魚以外にも、チキン、ダック、豚肉、ソーセージ、チーズなどの燻製もあり、ひっきりなしにお客さんが来て、みんな大量に買っていました。

私達は、たらこの燻製を買おうと思ったら、売り切れでした
でも、やっぱりたらこの燻製が欲しいので、さっき食べたレストランのButley Orford Oysterageに併設されているお店に行ってみたら、たらこの燻製があったので買うことができました。

レストランにいる時から、雨が降り出していて、降ったり止んだりを繰り返していたので海岸には行かずに帰ってきました。

本当は海岸でスクトールバグのスクーターに息子を乗せて遊ぶはずだったのにな~残念
夏になったら、Butley Orford Oysterageでおいしいシーフードを食べて、白ワインを飲んで、おしゃべりして、海岸沿いをのんびりお散歩して・・・っと楽しめそうだな~

今度は、大人数で行ってみたいな ←誰か一緒に行きませんか?


【 2008/04/07 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(5)

キンデルダイク旅行記

昨年の7月に行ったキンデルダイク旅行記をサイトにUPしました。

オランダからイギリスに引っ越しすることがわかった時期なので、オランダらしいところに行きたくなって、キンデルダイクの風車を見に行ったときの旅行記です。

簡単な旅行記ですが見てくださいね

キンデルダイクの旅行記 → こちら
【 2008/04/03 】 旅行 | TB(0) | CM(0)

2回目は・・・

月曜日に日本語のプリスクールに行ってきました。
プリスクールに息子を実際に預けるのは、この日で2回目。

前回は、大泣きし、泣き疲れて寝てしまい、起きても泣いていたから、途中で呼び出されたっという結果で終わってしまったので、今回はどうなるのか心配していました。
プリスクールの建物が見えたら、息子はすでに泣いて嫌がっていて、これはまずい!っと思ったけどとりあえず教室へ

まずは、みんなでお弁当を食べますが、息子は一人で食べられないから、私が付き添っていると1人でいすに座らずに私に抱っこを求めてきてしまうぐらい、教室にいるのが嫌な感じでした。

お弁当もほとんど食べずに、私にしがみついてばかりいるんですよ~

先生と相談して、おもちゃで遊んでいて、私から離れたら退室しようっということになったのに・・・
まったく私から離れず
結局、そのまま一緒に遊び、手洗いの時間の時に、先生が息子を抱っこしてその隙に、私は息子から見えない場所に隠れて見守りました。

私がいなくなった途端に「ママ~、ママ~」っと泣き叫んでいて、かわいそうだったけど、ここはぐっと我慢をして見守ります。
先生が抱っこして、いろんな場所に連れていったり、バギーに乗せたりと、息子の気を紛らわせてくれたおかげで15分ぐらいで泣き止み、みんなと一緒に工作に参加できました!

でも、泣き疲れたのか、また寝てしまったのです。
お昼寝の時間はいつも夕方なのに・・・
息子が寝てしまったので、私は外に出ることができたので、1人でのんびりとお買い物ができました。

お迎えの時間の15分前に迎えに行くと、バギーに乗ったままだったので、どうしかのかと思ったら、私が迎えに来る15分前に起きたばかりだったとのことでした。
今回は、15分で泣き止んで、少しだけだけど、参加できたからよかった。

次回は、泣く時間が少なくなってくれればいいだけど。
【 2008/04/02 】 子育て | TB(0) | CM(2)

キングス・クロス駅

日曜日から1時間、時計をすすめてサマータイムになったから、日が延びて19時頃まで明るくなって、急に春になった気がします
これから、どんどん日が延びるから楽しみだな♪

日曜日の午前中に美容院に行って、髪の毛をカットしてきました。
息子を旦那様に預けて、1人で出かけると身軽だわ~
5cmぐらいカットしただけだけど、伸びて重たくなっていたサイドがすっきりして、軽くなりました。
パーマの部分がほとんどなくなって、くるくる内巻きできなくちゃったから、今度はパーマもかけなくっちゃ。

午後は出かける予定を決めていなくて、家でのんびり?それともでかける?っと考えて近場で行ってみたいところに行ってきました

イースター休暇の時に、グロースター大聖堂を見て、ハリー・ポッターのロケ地が気になったので、毎回、ハリー・ポッターの映画に登場するキングス・クロス駅に行きました。

3年前のロンドン旅行の時に訪れてますが、息子はまだ見たことがなかったので見せようと思って行ってきました。

キングス・クロス駅構内の陸橋
まずは、時計がある陸橋です。
「ハリー・ポッターと賢者の石」で、ハグリッドがハリーにホグワーツ急行のチケットを渡すところです。
この陸橋は、近々取り壊される予定と聞いたので、なくなる前に見られてよかった。

プラットホーム9と3/4
次はメインの「プラットホーム9と3/4」を見に行きました。

「プラットホーム9と3/4」があるのは、9番線と10番線の間にあるのではなくて、9番線などがあるホームの近くの壁にあります。

「プラットホーム9と3/4」のプレートの下には、壁に半分埋まっているカートもあります。

ハリーになりきってカートを押して写真を撮るのが定番だけど、息子はその時、寝ていたので、バギーを横に置いて写真を撮りました。

せっかく来たのに寝ているなんて・・・残念。
セント・パンクラス駅&長いバー
隣にある新しくなったセント・パンクラス駅にも行ってみました。
ユーロスターが発着する駅になったから、構内は広々しているし、かわいいカフェもあって、ここからパリに行くのが楽しみになります


2階には「ヨーロッパ一長いバー」があるというので行ってみたけど、長いテーブルが続いているのではなく、ボックス席っというのかな?普通のテーブルと席の部分もありました。

ユーロスターのホームの隣にあるから、本当に細長~いバーにはなってましたよ。

この時に、息子が起きたので、キングス・クロス駅の「プラットホーム9と3/4」に戻って写真を撮りなおしました。
カートに乗っている息子の写真が撮れたから満足。本人はよくわかってなかったけど。

こんな感じで、最近、ハリー・ポッターのロケ地巡りにハマッてます。
【 2008/04/01 】 イギリス おでかけ | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。